やっばり言いたい中年のひとこと日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 小泉首相、国会論戦での外来語の濫用に喝っ!

<<   作成日時 : 2006/03/16 19:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

小泉首相、国会論戦での外来語の濫用に喝 ロイター(2006年03月16日 15時06分)
[東京 15日 ロイター] 15日、日本の国会で英語の経済用語をちりばめた質問に、小泉純一郎首相が、国会議員は言葉遣いに気をつけるべきだ、と警告した。
首相は野党の質問者に「誰が『コンプライアンス』とか『ガバナンス』などの用語を理解できますか」と切り返した。
首相が「一般の国民に理解できる言葉を使いなさい」と言うと、大きな歓声と笑いが起きた。
「議員のみなさんには英語ができる人もいるし、私も少しは勉強した。しかし論議は英語がわかる人間に限定されるものではない。論議はみんなのものだ」
英語をはじめとする外国語の用語が日本では急増している。しかし、その用語の概念に相当する日本語がないという理由の他に、その言葉がエキゾチックだったり、さも重要に響くという理由で、外国語の用語が導入されている。またその言葉が母国語の人間は、その奇妙な使い方に失笑する場合も多い。
外国語の用語の問題は、学者や従来の日本語を守ろうという人々の感情を刺激している。また高齢者は親しみのない言葉に混乱することが多いのだ。

訳のわからない「外国語」で、質問の内容を誤魔化す質問者、何考えてんだかっ???

しかし、



誰が『コンプライアンス』とか『ガバナンス』などの用語を理解できますか」、そのとおりです。

小泉純一郎首相、あなたはよく言ってくれました!



タイヘンよくできました、感謝状を送りたいっ!!!

この記事と関係ないですが、



『パブリック・コメント』って、どういう意味なんだ。


それぐらい、日本語で言えないのか、バカヤロー!!!



外国語の安易な濫用、いい加減にやめたらどうなんでしょう。




単なる日本語の誤魔化しではないでしょうか?????

    

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
SOX法: 日本版SOX法の歴史
2003年4月 改正商法施行 (委員会等設置会社の内部統制システム構築が義務化)... ...続きを見る
SOX法とは?
2006/11/28 08:47
「小泉劇場」再始動 構造改革派結集へ布石?安倍晋三首相と小泉純一郎前首相について
 いよいよ参院選まで2ヶ月を切ろうとしているが、そんな議員先生方の「戦争」が近づく中、小泉純一郎前首相の動向を今日の記事は伝えている。 ...続きを見る
総合情報ニュース徒然草
2007/05/22 10:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
小泉首相、国会論戦での外来語の濫用に喝っ! やっばり言いたい中年のひとこと日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる