三国屋建設、2度目のうっかりミスっ!

8月14日に発生した首都圏大停電の原因となったクレーン船の所有会社の記者会見が昨日開かれて、
「送電線を切断する大きな事故を起こして、誠に申し訳ありませんでした。」と言って、深々と頭を下げられた三国屋建設 高橋宏社長さん、


気持ちのコモッテイナイ、

不満そうに記者会見する姿勢に、

東横インの西田社長の記者会見を思い出しました。

でも、

ヨコの専務(?)さん、誠実そうに見えました。

しかし、

こんなに、

事実関係がハッキリしているのに、
Q、高圧送電線が頭上を通っているという認識は?
A.その瞬間に忘れていたと判断していただければいいと思います。

画像


首都圏の140万世帯が大停電した責任は、・・・・・



経済的損失は40億円っ!



東京電力の損害賠償額は、10億円っ!



2度目のうっかりミスも責任は免れませんが、



あの記者会見は、考えさせられました。

(引用部分)2006.8.16放送のTBSテレビ「きょう発プラス!」より

  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

怒れる市民
2006年08月20日 02:32
三国屋建設、全額賠償したら許しちゃる。
2006年08月20日 19:15
怒れる市民さん、コメントに感謝いたします。
あの記者会見を見た被害者の方は、賠償してくれーといいたくなったと思います。
まぁ、その前に会社の存続自体が危ういのは確実ですす。
Hoppy
2006年08月21日 16:42
横にいたのは、専務じゃなくて
会長さんだったハズです。
お家の事情を垣間見せているシーンでした。
2006年08月21日 19:23
Hoppyさん、コメントに感謝いたします。
今、別の画像で確認したのですが、おっしゃるとおりでした。

今後とも、よろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック