ドン・キホーテが絶叫マシン開業を断念!

ドンキ断念…六本木店屋上に絶叫マシン開業を延期 ZAKZAK 2005/12/09
ディスカウントショップ大手のドン・キホーテは9日までに、東京都港区の六本木店屋上に設置した絶叫マシン「ハーフパイプ」の21日開業を断念、延期することを決めた。運営中止やハーフパイプの撤去も視野に入れ、今後の対応を検討する。
「本業である小売業(店舗)のイメージを損なうようなことに繋がっては本末転倒、由々しき事態といわざるを得ない」
ドン・キホーテは8日に文書で延期を発表、断念のワケをこのように説明した。
ハーフパイプの設計、施工、運営はドン・キホーテとは別の遊戯メーカーが行っており、ドン・キホーテ側は「六本木のさらなるにぎわいと活性化」などを目的に設置場所を提供した立場だった。
ところが、騒音などを懸念した一部地元商店街が反対運動を展開。地元らへの説明会などを開いても理解は得られず、両者の対立はエスカレートするばかり。
そこで、ドン・キホーテは「これ以上非生産的エネルギーを費やすのは、企業経営上からも株主利益の面からも好ましくない」と判断、延期を決断した。
開業延期を発表した文書の「反対運動などに屈するつもりはいささかもないが…」の下りに、無念さがにじみ出ていた。

とりあえず、ヨカッタ!よかった!良かった!

耐震偽装マンション問題がこんなところにも影響をしているのか?

法的に問題ないことは大切なことであるが、それ以上に周辺住民の理解を最大限に得ることが重要である!

即、完璧に撤去をしていただきたい。

ビル屋上の巨大工作物に対する法的規制を設けるべきであると思います。
  

"ドン・キホーテが絶叫マシン開業を断念!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント