テーマ:料理

余るクジラ肉、でも高い価格は下げられないっ?

余るクジラ肉、水産庁が売り込み必死 でも価格は高く 朝日新聞 2006年09月10日13時37分 クジラの肉が余っている。調査捕鯨の拡大で供給量が増える一方、88年の商業捕鯨停止以来、販路がすっかり細ってしまったためだ。水産庁は「健康食」として学校や病院への売り込みをはかり、給食や新商品に取り入れる学校や外食産業も出始めた。でも、捕鯨…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more